Others

タイピン・カフスボタン・数珠

男性のパールジュエリーとして代表的なタイピンやカフスは、昔から冠婚葬祭の必須アイテムとしてセットで揃えられる事が多いようです。付ける場面によって素材・色を決めます。
タイピン=ネクタイをクリップのように挟む
タイタック=生地に針芯をさし金具で留める
カフス=専用のシャツの袖口に通して留める
悲しみの席での法具として、また守り本尊そして使用される数珠も、大人のたしなみとして一人一本は用意しておきたいものです。
長さ、石の種類・大きさ・房のお色などは様々で、性別や年齢、宗派等によって選ばれます。

previous arrow
next arrow
Slider

PAGE TOP